【Press Release】ヤマハとスペイシー『音楽教室・防音室のシェアリングサービス』の共同トライアルを開始

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市 代表執行役社長:中田卓也 以下、ヤマハ)と株式会社スペイシー(本社:東京都港区 代表取締役CEO:内田圭祐 以下、スペイシー)は、”楽器が楽しめる場所と時間をより多く提供する”ことを目的に、『音楽教室・防音室のシェアリングサービス』の共同トライアルを本日より開始*1し、6月30日(土)まで実施します。

今回の共同トライアルでは、株式会社ヤマハミュージックリテイリングが運営する音楽教室の空き時間を、一般の方に向けて1時間単位で有料(500円~)にて貸し出します。東京、大阪、名古屋の24会場 約140部屋を対象に実施し、アコースティックピアノ、電子ピアノ、エレキギター、ウクレレ、チェロ、ドラムなどの演奏が楽しめる部屋や、合唱など大人数でのアンサンブルに適した部屋など、さまざまな部屋を利用できます。

また、商業ビルなどの空きスペースにヤマハ防音室「アビテックス」を設置し、演奏が楽しめるスペースとして貸し出す「防音室のシェアリングサービス」のトライアルにも取り組みます。5月1日(火)より、新橋駅前ビル1号館6F スペイシータイムシェアオフィス内(東京都港区)に第1号を設置します。室内には楽器やオーディオインターフェースなどを設置し、“SNS配信などにも適した多目的防音スペース”としても利用できる個性ある防音スペースを目指します。

いずれのスペースについても、トライアル中に対象を順次拡大する予定で、各部屋の予約・決済はスペイシーが運営するウェブサイト「スペイシーミュージック」(https://music.spacee.jp/)にて受け付けます。場所や日時、利用したい楽器などを入力して簡単に検索・予約することが可能です。

なお、今回の共同トライアルは、ヤマハが昨年7月から12月にかけて実施したベンチャー企業などと協力して新しい事業や価値の創出を図る「ヤマハアクセラレーター」*2を通じて実現したものです。ヤマハとスペイシーは今回のトライアルを通じて、両社のリソースを掛け合わせた新たな事業の可能性を検討していきます。

<トライアル実施概要>
■名称
音楽教室・防音室のシェアリングサービス

■内容
東京・大阪・名古屋のヤマハ音楽教室の空き時間を有料にて一般に貸出
多様な楽器での演奏が楽しめる部屋や、合唱などに適した大部屋なども用意
ヤマハ防音室「アビテックス」を商業ビルなどに設置して貸し出すトライアルも実施
両社の役割:
ヤマハ:音楽教室および防音室を活用した音楽室の供給、楽器・機材の提供
スペイシー:運営システムおよび決済・予約用ウェブサイトとして「スペイシーミュージック」を提供
両社で協力してトライアルの調査・効果検証を実施。以降の共同事業の可能性を検証

■期間
2018年3月29日(木)〜6月30日(土)

■場所
音楽教室:東京・大阪・名古屋 24会場 約140部屋
防音室タイプの音楽室:新橋駅前ビル1号館6F スペイシータイムシェアオフィス内(東京都港区新橋2丁目20番15号)
※防音室タイプの音楽室は5月1日(火)より開始予定です。
※いずれのタイプの部屋もトライアル中順次拡大予定です。
※各教室の詳細は「スペイシーミュージック」にてご確認ください。

■料金
500円 / 1時間 から
※料金はトライアル期間限定のキャンペーン価格です。
※料金は、会場、時間帯によって異なります。詳細は「スペイシーミュージック」にてご確認ください。

■利用方法
以下、「スペイシーミュージック」公式サイトより予約・決済を受付
https://music.spacee.jp/

Spaceeで会議室を借りよう

好きな時間に好きな場所を
お手頃なお値段で

PC・スマホから簡単に
1分で予約・決済完了