【Press Release】国内最大級のワークスペースシェアサービスを展開する「スペイシー」8月2日より社内でフルリモートワークを開始

国内最大級のワークスペースシェアサービス「スペイシー」( https://www.spacee.jp/ )を運営する
株式会社スペイシー(本社:東京都港区新橋、代表取締役 内田圭祐、以下「スペイシー」)は、
東京都の推進する「TOKYO 働き方改革宣言」に賛同し、8月2日(木)より社内でフルリモートワークを開始いたします。

■フルリモートワークの概要
この度開始するフルリモートワークは、スペイシーの従業員全員が働く場所を自由に選択できるようになる取組みです。
これまでもスペイシーでは海外在住者等リモートワークを行う人材の活用を積極的に行ってまいりましたが、
今回の制度により、従業員全員が職場への出社の必要が完全になくなり、任意の場所で働くことができます。
また従業員は、スペイシーに掲載している約4,700室のワークスペースも会社負担で利用することが可能なため、
金銭的な負担もかかりません。

■導入の背景と展開
現在日本では働き方改革に関する取組みが多くの企業で導入・検討されておりますが、
現実には「どのような施策を取り入れるべきかわからない」、「どこから手を付けたらいいのかわからない」といった
企業側の漠然とした課題も多く存在します。
そこでワークスペースを中心として、リモートワークを推進する様々なサービスを提供してきたスペイシーが、
自社でまずはフルリモートワークを実践することで、企業が直面する課題の解決に取り組んでいければと考えています。
さらに今後はブログ等で、本取組みの経過報告や、働き方改革に関する情報発信を継続的に行っていくほか、
将来的には自社で蓄積したノウハウを外部へも提供していくことで、ハード面だけではなく「働き方改革」に関して
導入面を含めたトータルでの支援を行ってまいります。

Spaceeで会議室を借りよう

好きな時間に好きな場所を
お手頃なお値段で

PC・スマホから簡単に
1分で予約・決済完了